実績・事例|株式会社BridgeLife(ブリッジライフ)

会社案内

ホーム > 実績・事例紹介

某外資系企業様社宅のご提案

経緯現在社宅を複数借り上げているのだが、借りている場所がバラバラで管理が大変な状況となっている。同じエリアでまとまった戸数を借り上げしたいのだが、入居者が外国籍であることを伝えると法人契約でもなかなかオーナー(管理会社)の承諾が得られずに困っている。
現在ある宿舎も借りてから年数がたち入居者(社員)の入替も頻繁にあるため、水回りを中心に汚れが出てきたため、この状況を改善したいとのご相談を頂きました。
提案内容会社まで通勤30分程度で複数戸同時にご入居できる物件でかつ入居者が外国籍の方でも入居可能な物件をご提案致しました。
また、清掃業務も言語対応まで対応できる弊社が定期清掃を実施することをご提案致しました。加えて窓口を一元化するため、家具家電のレンタル・入居者様の移動に伴う引っ越し作業・日用品の補充・消耗品の補充(電球交換等)も弊社が対応することをご提案致しました。
導入内容会社から通勤30分程度の2つのエリアに社宅を集約する形でマンションを複数戸借り上げを頂き、住み替えにてご入居を頂いております。
定期清掃も導入頂き、その際に備品補充等を行うサービスもご利用頂いております。
お客様の声・社宅が集約できたので管理が非常に楽になりました。
・今まで電球の交換、家電のメンテナンス等は入居者に指示を出して対応していたのですが、なかなか対応せず放置されることもしばしばありましたが、定期的にブリッジライフさんがチェック頂けるので大変助かっています。
・定期清掃時細かい要望も現場で言語対応頂けるので、安心してお任せすることができています。

某国立大学様へのご提案

経緯現在留学生が民間賃貸住宅を契約する場合は、大学が認めた留学生には留学生住宅総合補償に加入を許可している。留学生住宅総合補償は、通常の家賃保証会社と比較すると非常に安価で利用がしやすいのだが、大学としては事務手続きの量が多くまた留学生及び不動産会社との業務が非常に煩雑であり、迅速な内容がとれない場合も多く、場合によっては金銭的な負担が出てきてしまうケースもある。
(例:家賃滞納・多人数同居・残置物等に対する連絡業務)
今後留学生が増加する可能性が高い状況で、現在の大学の体制では対応が難しいと考えられるため、Bridge Lifeの「留学生安心入居サポート」をうまく利用できないかとご相談を頂きました。
提案内容大学ご担当者様のご負担を減らすために、留学生住宅総合補償に加入した留学生全員に弊社の商品である「留学生安心入居サポート」にご加入頂き、契約時から退去まで弊社が留学生の一元窓口になることをご提案致しました。
提案内容今後の課題でもある留学生向けの住宅確保に関しても「留学生安心入居サポート」にご加入を頂くことが、地場の不動産会社の安心度を高め、留学生がよりよい条件でお部屋を確保できることのご説明し、今後を考えても今の段階でご加入頂くことをご提案致しました。
導入内容留学生住宅総合補償に加入する留学生全員が弊社の「留学生安心入居サポート」にご加入頂いております。
留学生もしくは不動産会社から何か連絡があった場合には、適時大学様にご連絡をとり、月ごとには詳細なレポートを作成し、大学様と情報が共有できるようになっております。
お客様の声(大学様からの声)
・家賃滞納に対する対応が劇的に早くなり、何か月も滞納している状態でことが発覚するようなことは全くなくなりました。
・設備や入居中のトラブルも今までは全て大学担当者が対応しておりましたが、現在はほとんどが結果報告の確認で済んでいるので非常に助かっています。
・残置物の対応や敷金精算に対して、不動産の免許をもつBridge Lifeが対応(アドバイス)をして頂けるので大変安心です。
お客様の声(不動産会社からの声)
・今までは家賃滞納の場合はほとんど無策だったが、今はBridge Lifeにすぐに連絡をすることができるので、大変助かっている。時間がたってから大学様に連絡をすることも無くなり、結果的に入居者様・大学様・自社(オーナー)にとって一番いい形ができている。
・言語対応が難しいこともあり、限られた物件しかご紹介できずにいたが、この制度導入以降はより多くの物件を留学生にもご紹介できるようになった。
空室対応にもなっており、大変ありがたい。
次のページへ  

▲ページのトップに戻る

  • 外国人コール24
  • ワンストップサービス
  • 社宅・学生寮の 仲介管理事業
  • アウトソーシング事業
  • 外国人向け不動産仲介事業
  • 実績・事例
  • UR賃貸情報センター
  • パートナー企業様専用ページ
  • 資料ダウンロード